ホーム > 伸栄製作所の古民家再生 > 完成までの流れ
伸栄製作所の古民家再生
完成までの流れ

伸栄は経験が豊か。後悔しない古民家再生はプロにお任せください。

1. 計画

打ち合わせ・基本プランのご提案

現在のご家族の暮らしぶりやご要望をお伺いし、将来像も踏まえて再生後のイメージを膨らませていきます。
これをもとに間取りなどの基本的なプランをたてます。

現地調査・建物実測

現地での本格的な調査を開始。
建物の傷み具体を詳しく診断し、各所の寸法を測りながら写真に収めていきます。  

古民家の調査ポイント

[1]不同沈下
 (長年の荷重で各柱が異なる深さで沈み込んでしまうことによる建物の歪み、床の傾き、建具の開閉の不具合など)
[2]雨漏り
[3]柱や土台への白蟻の被害
[4]建具や敷居などのすり減り具合
[5]床組の疲労度
[6]改築・修理の経歴 など

基本設計<設計契約>

再利用できる部材を基本とした立面・平面など詳細な設計図を作成。
再生後のイメージが具体化された後、ご家族の同意の上で設計契約を交わします。  

設備関係の選定

新たに加える資材・設備を選定。
キッチン・バス・トイレといった水まわりの設備を始め、扉や照明、床材などを一つ一つ決めていきます。  

実施設計<工事契約>

発注のための詳細を記した、工事の実施設計図を作成。
これをもとに解体から完成まで、具体的な工事のお見積りをご提示し、いよいよ工事契約を交わします。  

2.着工

解体工事

通常、現地再生は「半解体」のみ。構造材・外壁・屋根下地を残し、諸設備・建具・壁・屋根・組材・床板など、建物の大半を撤去していきます。(痛みが激しい時や移築再生では「全面解体」を行います)

古材の保管

解体した上で、部材が再利用できるかどうかを最終検討。使えるものは水洗いでススを除去し、乾燥、オイルがけをします。これにより長年の汚れを落とし、カビの発生も防ぎます。

嵩(かさ)上げ

基礎工事を行うため、骨組みだけになった建物全体をジャッキで持ち上げます。
(移築再生の場合は、基礎工事を終了した土地に組み立てるため嵩上げは不要です。)

基礎工事

古民家に多い不同沈下や土台から傷んだものは基礎から再生します。
伸栄は強固なコンクリートのベタ基礎にこだわり、スチール束を用いて基礎と土台を完全に固定する独自の工法により構造の水平を確保。目に見えない部分の違いが数ヵ月・数年後に大きな差がでます。

再生工事

建物を再び土台におろし、取り外した建具や建材などを組み込んで再生工事を行います。伝統の手仕事と現代の技術、それぞれの良さを融合させ職人たちが技をふるいます。

[1]木工事
古材は一本一本にクセがあり、これを活かすように組み上げていく。歪んだ柱も丁寧に補正。
[2] 壁工事
漆喰仕上げなどの壁工事は、左官職人の腕の見せどころ。
[3] 建具工事
手製の造作家具にも、古い建具を活かすことで独特な味わいが生まれる。
[4]塗装工事
古材の一番よい色を基準に色調を定め、新たに加えた建材部分を塗装していく。
[5]設備工事
水まわり、冷暖房、照明など必要な設備を施せば、いよいよ仕上がりが近づいてくる。

3.新生活へ

最終検査・お引き渡し

通常、現地再生は「半解体」のみ。構造材・外壁・屋根下地を残し、諸設備・建具・壁・屋根・組材・床板など、建物の大半を撤去していきます。(痛みが激しい時や移築再生では「全面解体」を行います)

アフターメンテナンス

解体した上で、部材が再利用できるかどうかを最終検討。使えるものは水洗いでススを除去し、乾燥、オイルがけをします。これにより長年の汚れを落とし、カビの発生も防ぎます。

PAGETOP