ホーム > 伸栄製作所の古民家再生 > 古民家再生とは
伸栄製作所の古民家再生
古民家再生とは

「壊すしかない」と思っていませんか?

昔の農家は実に豊か。もう手に入らないものがたくさんあります。
たとえば構造の柱や梁から建具一つにいたるまで、古民家には地場で育った太い良材が惜しげもなく使われています。
中にはもうお金では替えられないような銘木も見られ、それらはご家族にとってかけがえのない財産です。
先祖代々の家を残したい、と思われる方は少なくありません。
しかし、建物が老朽化するとどうしても「もう寿命だから・・・」と、あきらめてしまわれがちです。

でも、ちょっと待ってください。
あなたのお家は本当にもう寿命なのでしょうか?

昔の民家に使われる古材は、200〜300年経っていても大抵のものは再生が可能です。長年の間で傷んだところを一本一本丁寧に補正し、本来の性能を引き出してやることで、再びいのちを吹き返します。そうして手を入れることで、古民家はさらに100年以上でもご家族と共に生き続けることができるのです。
壊してしまっては、もう二度と帰ってこない大切な財産。あきらめる前に、もう一度、見直してみてください。

再生は復元ではありません。

「再生」というと、よく建てた当時の状態を取り戻すことだと思われていますが、古民家の建て替え時期には、大きく二つの理由があります。
一つは建物が古くなり、ご家族によってもう住めないと判断された時。もう一つは、建物そのものは健在でも、間取りや設備など、機能的に今のライフスタイルに合わなくなった時です。つまり住めなくなるのではなく、住みづらくなること。建て替えられる古民家の多くは後者であり、ただ元通りに直しても、結局長くは住み続けていけないのです。
とやまの風土に生まれ、昔の棟梁たちのひたむきな手仕事に育まれてきた古民家。歳月と囲炉裏でいぶしぬかれた古色の柱や梁組には、デザインの合理性が貫かれています。また、自然素材をふんだんに使った空間には、独特な美しさや趣があり、それらは私たち日本人の感性に根本的にマッチし、日々の生活にかけがえのない健康ややすらぎを与えてくれます。
伸栄の古民家再生は、そうした昔のいいところはそのままに、今のご家族の暮らしぶりに合った、本当に住みやすい家をご提案いたします。再生にあたっては、基礎や構造を改修するとともに、現代の快適性や実用性を備え、間取りの変更も新築と同じように自由に対応できます。
PAGETOP