ホーム > 伸栄製作所の古民家再生 > なんでもQ&A
伸栄製作所の古民家再生
なんでもQ&A

Q. 「古民家」とは築何年以上のものですか?

伝統的な様式を持つ民家と考えると、通常は戦前に建てられたものをさします。また、国の文化財登録制度では、築50年を経過したものが対象とされています。このことから半世紀以上前の民家は、「古民家」と呼べる時間的条件を備えていると考えられます。

Q. 「現地再生」や「移築再生」とはどういうものですか?

「現地再生」とは、もともと自分が住んでいる家を再生する、または第三者が土地ごと古民家を買い取って現地で再生して住み継ぐことをいいます。「移築再生」は、自分または第三者が古民家を希望する土地に新しく建てることをいいます。また、新築・改築の時に古い民家の柱や建具を取り入れる「古材再生」や、伸栄ならではの「一部屋のみの再生」など目的に応じた再生方法を選択できます。

Q. 百年以上たった古い柱でも使えますか?

木材の強度は、通常200〜300年はほとんど変わりありません。古材は新材のように、住んでいくうちに歪みやよじれが生じることが極めて少ないのも利点です。実際に林業試験場などが行う古材の性能評価試験では、解体材の強度性能は新材と同等以上との試験結果が出ていますから、百年以上たっていても十分使えます。 また、解体されたばかりの古材は、長年の垢や汚れを落とすために「洗い」という作業を施します。水洗い、乾燥、オイルがけ。そうして手間をかけてきれいにした段階でチェックし、傷んだところは丁寧に補修してから使います。ですから古材といっても、おろしたてのような感激が味わえます。

Q. すき間風が入り、冷暖房の効率が悪いのですが何とかなりませんか?

再生工事で、壁や床下に使う断熱材は昔のそれと全く違います。家全体の保温性は以前と比べられないほど高まりますから、冷暖房効率も格段とアップします。特に一番の熱の逃げ道である窓には、ペアガラスサッシを使うのもおすすめです。木製の窓枠なら塗装ができ、違和感がありません。玄関の引き戸には、エネルギーロスの少ない樹脂シートを使ったものなどがデザインもモダンです。

Q. 昔の家なのでプライバシーが保てません。間取りをがらりと変えられますか?

古民家の間取りは、通気性を確保し、各家ごとで冠婚葬祭にも対応する昔の生活文化に則った造りになっていますが、それは現代の生活様式には合わなくなってきました。伸栄の古民家再生は、昔のいいところを活かしながら、今の暮らしに生まれ変わることが基本。間取り変更では、新築と変わらないほど自由度の高さを実現しています。たとえば、間仕切りの新設は簡単にできます。平屋に二階を設けて個室を確保したり、二世帯の住宅にすることも可能です。

Q. 再生でさらに百年維持できるって本当ですか?

建物の耐久性で最も重要なのは、丈夫な基礎。伸栄は独自の基礎工法により、百年あるいはそれ以上、健康に保てる住まいをご提案しています。そうして一度、根本から再生しておくことで、今後またご家族の生活スタイルが変化しても、次回はずっと簡単に対応できるはずです。

Q. 古民家をお店に改装することはできますか?

古い民家をお手持ちの場合は、もちろん十分可能です。そうでない場合でも、古い民家を購入できれば、移築再生をして店舗にすることができます。但し、古民家はすぐに空家が見つかることもあれば、なかなか手に入らないこともありますから、たとえば、梁や建具などで部分的に古材を使うこと(古材再生)でも、古民家の風合いを取り入れることができます。

Q. 古民家の再生は高額だと聞きますが?

確かに既製品のように建てられる激安住宅のようにはいきませんが、それでも再生を選ばれる方は、古材の価値や施される手仕事、そして30年持つか分からない新築の家と100年持つ古民家を比べてご決断されています。何より新築で今と同じような部屋数や建坪で家を建てようとすれば、相当な費用がかかりますから、これまでの住み慣れたゆとりある暮らしとは余りにも感覚が違い過ぎるのです。 とはいえ、建てる側が技術を磨けば多少でもコストは削れるはずです。伸栄では、仲間の設計士や職人を集めて定期的に研究会を行うなど、お互いのノウハウを高め合うことで、地元業者のコストの適正化にも真剣に取り組んでいます。

Q. 再生後の税金はどうなるのでしょうか?

古民家再生は、見た目は新築のようでも、あくまでも改築ですから「固定資産税」はこれまでのままで対応できます(※増築の場合は除きます)。再生の際には、そうした税金や資金計画のご相談にもきめ細かくお応えしておりますので、気軽にお声をかけてください。

PAGETOP